精力剤基礎知識

漢方生薬の影響

漢方薬が効果的に作用するのにはその原料となっている"生薬"に秘密があります。

生薬とは植物を中心として動物や鉱物など天然素材から作られている薬と言って良いでしょう。

中国薬物研究所などがまとめたところによると、生薬の種類は薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種あるとされています。

では、漢方薬は西洋の薬と異なる作用を発揮することができるのでしょうか?

それは生薬が材料であるからです。

つまり、精製された単一成分からなる西洋薬とは反対に漢方薬や生薬にはさまざまな有効成分が含まれていて、これらが互いに巧妙に作用しあい独特の効果を発揮するということです。

血圧を下げる薬を例にしてみましょう。

一つの生薬に含まれる有効成分の中には血圧を下げる成分と血圧を上げる成分、相反する両方の成分が含まれている場合があります。

これは、意味がないことの様に思えますが、我々の身体には常にバランスを保つ複雑で巧妙な仕組みがあります。

このように生薬の様に相反する薬効成分を含んでいるということは、体のバランスを崩さないようにしつつ、安全に体を正常な状態に近付けていく上で大きな利点があるのです。

一方西洋医学では血圧を下げる成分を抽出し、可能な限り純粋な形で配合しますよね。

漢方と西洋薬にはこのような違いがあるのです。
漢方生薬天然成分系
copyright(C)精力剤基礎知識講座
ご利用に関する注意 OPERATOR